事故物件サイト「大島てる」で見る、立川の心霊スポット「野沢踏切跡(発心地蔵尊)」と周辺の事故物件

事故物件サイト「大島てる」で見る、立川の心霊スポット「野沢踏切跡(発心地蔵尊)」と周辺の事故物件

今回は立川の有名な心霊スポット「野沢踏切跡(発心地蔵尊)」と、その周辺の事故物件を「大島てる」を交えて歩きました。

立川駅周辺も事故物件が非常に多い場所ですね。事故物件の密集地帯も有り。そもそもの規模が大きいので当たり前ではありますが…

「野沢踏切跡」は、稲川淳二さんの怪談「魔界の踏切」の元ネタとも言われているそうです。

あと、「大島てる」の情報の信憑性にも少し触れています。

全国心霊マップ「【東京都】発心地蔵尊(旧野沢踏切)」
https://ghostmap.net/spotdetail.php?spotcd=995

「中央線野沢踏切では事故・自殺が相次ぎ、昭和9年地元の有志が発心地蔵菩薩を建立。これにより事故・自殺はなくなったようですが、実際はその後も何度か事故・自殺があったようです。そのせいかこの踏切では青白い顔をした幽霊の目撃情報がかなりあったようです。
平成22年11月中央線は高架になり、現在踏切はなくなってます。」

「【畏怖】心霊スポット」野沢踏切跡・発心地蔵菩薩

野沢踏切跡・発心地蔵菩薩

「過去に踏切だった当時は、事故や自殺などで人身事故が多発してたところで有名な場所。
稲川淳二氏の怪談話にある「魔界の踏切」だと言われている。
2010年(平成22年)11月に高架になり踏切は無くなったが、いまだに青白い顔の女性が現れるのだという。
余りにも事故や自殺が多かった為、1934年( 昭和9年)2月踏切事故犠牲者の供養と交通安全を願う地元有志の人達によって「発心地蔵菩薩」が建立された。」

心霊スポットカテゴリの最新記事