北海道 心霊スポット 鎖塚(昼バージョン)

北海道 心霊スポット 鎖塚(昼バージョン)

恐怖の夜バージョンは後日UPします

212名に上る囚人の人骨と同時に鎖が出土する。鎖塚の名はここに由来するのだという。

この道路は網走刑務所と空知監獄の囚人約1000人を使役して建設され囚人道路と呼ばれた。
明治政府は年内に160kmを完成させよと典獄に厳命し、石狩北見間が1891年5月着工、12月には完成した。
一方、劣悪な環境と深夜に及ぶ苛酷な労働によって、212名に上る囚人が死亡した。
逃亡しようとしたものは「タガネ」を用いて罰した(耳に穴を開け、足と耳とを鎖で結ぶ)。
鎖塚はこのようにして死んだ囚人工夫の上に土をかぶせてできた土まんじゅうで、かつては多く見られたが、開拓と共に減少した。それでもなお北見市端野町緋牛内では、囚人道路が国道39号に出る手前に三基が残っている。

囚人は二人ひと組で足を鎖に結ばれ、場合によっては死ぬ時も鎖を付けたままであった。従って、これらの土まんじゅうからは人骨と同時に鎖が出土する。鎖塚の名はここに由来する。

北海道北見市端野町緋牛内511−3

心霊スポットカテゴリの最新記事