劇場版ほんとうにあった怖い話2020~呪われた家~ 10.16シネマロサ公開

劇場版ほんとうにあった怖い話2020~呪われた家~ 10.16シネマロサ公開

「劇場版ほんとうにあった怖い話2020~呪われた家~」
10月16日(金)より1週間限定ロードショー!
http://www.cinemarosa.net/index.htm

監督・撮影・編集:天野裕充
出演:和田琢磨、井桁弘恵 / 草野康太
STORY
高橋 充(たかはし みつる)は駆け出しの編集マンだ。雑誌「**マル秘ネタ」の編集部に配属されてから、なかなか良い案件に出会えず常日頃から上司に叱責されていた。そんな高橋は、ある時、編集長から一つの家の記事を渡された。ある地域の風習「たまよばい」というもの。死んで間もない者の魂を現世に呼び戻すために屋根の上から、あるいは井戸に向かって死者の名前を呼ぶのだという。その風習はすでに廃れたものと考えられていたが、これに似た出来事が一年前にあったという家についての記事。それはある若い女性による投稿だった…。
「これは、私が実際に体験したできごとです…」

小川 汀(おがわ なぎさ)は生まれつき直感の鋭い女性だった。夏のある日、母親のもとに電話が入った。祖母が亡くなったという。汀は昔から実家が苦手だった。どことなく陰湿な雰囲気、古くてカビ臭い匂い…。小さい頃に一度、来たことがあったものの、そのどことなく感じる居心地の悪さだけが妙に心に残っているのであった…。

訪れて整理をしてくれた役所の人間の話を聞くところでは、祖母は屋根裏にかけた梯子から足を踏み外して落下し、そのまま亡くなっていたのだという。梯子を使って一体何をしようとしていたのか…。
「もしかしてお父さん、お婆ちゃんが屋根に上った理由、知っているの?」
父は答えない。手伝いに来てくれた近隣住民の一人が教えてくれた。しかし何か勘違いをしているようで、
「洋二さんが亡くなったんじゃないんですか?洋二さん、たまよばいで呼び戻せなかったって聞きました…」
この家で祖母と同居していたはずの父の弟・洋二の姿が見当たらない。酒の飲みすぎで一人ではほぼまともに歩けない状態であったはずだというのに…
洋二はどうやって家を出て、どこへ行ったのか。そして祖母は何をしようとしていたのか…

実際に起きた話を基に構成され、絡み合うおぞましい2つのホラーエピソード。
現実とは思えない、呪いにみちたその家は、おそらく今も存在している…。

怖い話カテゴリの最新記事